婦人科形成の悩みは改善できる|ウーマン応援サイト

婦人

おりものの臭い対策方法

女性

生理周期が近づくと女性の膣からはおりものが多く発生します。おりものは下着について乾くと酸っぱい臭いを発生させます。さらに、生理周期が近いとおりものの量が多くなり、ホルモンバランスにより臭いも強くなります。おりもの自体には臭いはありませんが、汗や尿、恥垢などに付着することで悪臭が発生するのです。おりものの臭いに悩んでいる人は、膣や陰部を清潔に保つことが大切です。デリケートゾーン専用の石鹸を使用したり、ビデなどで膣内を清潔に洗浄したりしましょう。とはいえ、膣内には自浄作用が働いています。自分で膣内を清潔にし、臭いの発生を抑える働きです。この自浄作用は洗いすぎや刺激の強い石鹸などにより失われてしまいます。膣内の過度な洗浄は避け、自浄作用を整えることが大切です。

自浄作用はストレスや不眠などの体調不良により低下してしまいます。そのため、ストレスを抱えている女性や体調不良のある女性はおりものの臭いがきつくなります。心のケアを心掛けることも、おりものの臭いを抑えるために大切です。また、性病や疾患がある場合もおりものの臭いが強くなります。強い痒みや痛み、ブツブツなどが見られる場合は、一度産婦人科や泌尿器科で受診しましょう。おりものの臭いをすぐに軽減するには、防臭効果のあるおりものシートをこまめに替えることが大切です。また、スプレータイプの洗浄アイテムを着用すると手軽に臭いの発生を抑えることができます。おりものの臭いに悩んでいる人は、おりもの用アイテムを着用して自分に自信を持ちましょう。下着やズボンの締め付けによりデリケートゾーンが蒸れることもあります。サイズの適した下着を着用することも大切です。

Copyright© 2016 婦人科形成の悩みは改善できる|ウーマン応援サイト All Rights Reserved.